岡山/倉敷で住宅の設計・監理をしている-建築家 宇川民夫が主宰する-建築設計事務所の宇川建築計画事務所の「住宅のリフォーム」専門のホームページです。地域の木や自然素材を生かして、耐震性・省エネ性を重視し、こだわりのデザインの住宅のリフォームを実現するまでの流れを紹介します。

当事務所での出会いから                         工事完了までの『リフォームの流れ』


これから リフォームを考えられている方は、ホームページやブログ、住宅の雑誌や

書籍をご覧になり訪問されます。
事務所内には、作品のアルバムや住宅雑誌や材料などを展示しています。
お気軽にご訪問ください。これからの住まいづくりに参考になるファイルや冊子を進呈します。

リフォームの計画の相談、資金・融資の相談、お好み のデザインや工法の相談など無料です。

住まいについての相談をお聞きし、建築家としてアドバイスします。
新築住宅の完成までの一般的な期間は計画・設計期間は6ヶ月、工事期間は6ヶ月の1年間に

なりますが、住宅リフォームの場合は、住みながらリフォーム工事したいなど、工事内容によって要する工事期間や工事の手順は様々です。

 

ご希望の内容をお聞きして、そのつどアドバイスさせていただきます。 

お気軽に相談ください。

 

アトリエの全景
アトリエの全景
打ち合わせルーム
打ち合わせルーム

初めに、ご家族で「どこが不満か」「どこをリフォームしたいか」「予算はいくらぐらいかけるか」な話し合って、メモ書きなどまとめていると相談もスムーズに進みます。

お住まいの住宅の写真や図面などもあればお持ちください。
また、打合せの際には、気に入った住宅雑誌があればお持ちください、計画の参考になりします。

ご家族の意見をまとめるのに、ホームページにも掲載している「住まいの相談シート」をご利用して、書き込んでいただいてもよいです

 

話し合いを重ね、私たちを気に入っていただいたら、一度お住まいの住宅を拝見させてもらった後、ご希望の内容を盛り込んだ住宅リフォーム計画の ラフプランニングを無料でご提案します。

 

「住まいの相談シート」やお気に入りの雑誌や写真を参考に、建築家がフリーハンドでラフプランを

数案作成し、打合せします。
何度か変更案の作成を重ねると、住まいの方向が見えてきます 。

既存の住宅の平面図を検討
既存の住宅の平面図を検討
ご希望のリフォームの間取りのスケッチ案
ご希望のリフォームの間取りのスケッチ案

どこから光を取り込むか検討
どこから光を取り込むか検討
基礎や梁の補強も検討
基礎や梁の補強も検討

但し、お住まいの住宅の図面が無く、改めて現地にて実測による図面作成が必要な場合は着手金額の内、実測調査・既存図面作成費用として、着手金10万円のうち5万円を調査前にお願いしています。

リフォームを計画されている敷地・建物を拝見し、設計に関連する行政機関に出向き調査も開始します。


これから中古住宅を購入し、リフォームされる方には候補予定の住宅を拝見し、アドバイスします。
またご希望の方には、不動産会社との交渉のアドバイスや売買契約の立会いもいたします。

 


私たちのファーストプランを気に入っていただいたら、ご希望のリフォームのプランニングを重ねます。

ここで着手金10万円の支払いとなります。
何度かプランの変更案の作成を重ねると住まいの方向がまとまり、CADで計画案を作図

いたします。図面は着色したり、CGを作成したりして最終案が決定します。あわせて、使用材料

や工法、予算などの方針も相談します。
住宅融資については、銀行の担当者をご紹介します。

 




設計監理料の算定に基づき、宇川建築計画事務所との設計監理契約を結びます。

ここで設計監理料の1/4支払いとなります。(着手金は契約金額に充当します)
当事務所は、設計監理業務上の瑕疵に基づく損害を補償する保険に加入しています。
やむおえず設計監理業務を途中で中止することはできます。その場合は、すでに行った

作業範囲までの清算となります。

 


設計監理契約を締結すると設計図面の作成に入ります。

(設計図面が完成すると設計監理料の1/2支払いとなります)。

作図図面はA2サイズで30枚ぐらいになります。
設計図作成期間は1ヶ月~2ヶ月です。途中で、作成した図面、業者見積書、サンプル、カタログ

や資料を見ていただき何度もご相談します。作成中は何度もチェック・検討が入ります。

(図面枚数や作図期間はリフォームの内容によって異なります。) 

完成した設計図面のご説明
完成した設計図面のご説明
完成した図面
完成した図面


設計図面が完成したら、図面やカタログ、資料をもとに、見積を依頼する工務店・建設会社を数社

選定し、見積徴集します

当事務所が設計した住宅の施工実績のある会社を推薦します。

また、お客様の知り合いの建設会社や推薦される建設会社の見積参加もできます。

見積が出来たら、各社の提示項目、金額、数量をチェックし、不明点がある場合建設会社に質疑

します。
提示される見積金額は、2-300万円から時にはそれ以上の金額差がある場合もあります。見積の詳細を 精査後、見積結果を報告をいたします。また予算オーバーの場合、考えられる設計の変更項目についても提案します。


見積の方針がまとまると、建設工事を依頼される候補の工務店・建設会社を訪問します。
訪問した建設会社を気に入られると、設計変更や請負工事金額を交渉し、請負工事契約の調印に立ち会います。

 

建設会社数社から見積の提示
建設会社数社から見積の提示

ご希望によりお祓いをすることもあります
ご希望によりお祓いをすることもあります
解体後の再調査
解体後の再調査

 

工事中は、完成まで、平均的に週 1回程度現場に行き監理いたします。

時には、お客さんと現場でお会いし相談し、決定します。

工事期間の中間に設計監理料の1/8支払いとなります

設計図・仕様の確認と工事変更の確認
建物の解体撤去の施工手順と解体後の状態調査

基礎・柱・梁桁材の様子と補強方針確認

断熱性能の状況確認と性能アップの施工確認

電気・給排水設備の状況確認と施工確認

内装仕上・使用材の施工確認

完成検査

 などなど  

 

それぞれのリフォーム工事工程ごとに検査に立ち会い指導します。

 

基礎の補強
基礎の補強
基礎工事の検査
基礎工事の検査

断熱性能の不足ー断熱材を充填する
断熱性能の不足ー断熱材を充填する
筋交いを増やす
筋交いを増やす
梁の補強
梁の補強


住宅が完成すると完了検査をいたします。

完成時に設計監理料の1/8支払いとなります。

残っている工事の確認、工事不備の確認、またそれらの手直しの時期、工事費の清算、各種保証書の確認や機器類の使用説明をします。


岡山・倉敷を中心に住宅のリフォームの設計・監理に関する相談は    

住まいの設計が得意な建築家 (有)宇川建築計画事務所

お気軽にお問い合わせ下さい。

(有)宇川建築計画事務所  〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24メールアドレス