岡山/倉敷で住宅の設計・監理をしている-建築家 宇川民夫が主宰する建築設計事務所ー宇川建築計画事務所の「住宅のリフォーム」専門のホームページです。岡山県木造住宅耐震診断員の認証を受け、木造住宅の耐震診断と耐震補強計画を行い、耐震設計・監理をしています。

木造住宅の耐震診断と耐震補強 

暮らしたい住宅に一新したい、定年を機に末永く暮らせる住宅にしたい、住宅ローンが終わったので水廻りを直したい、ご両親の残してくれた住宅を生かしたい、気に入った中古住宅を購入して末永く暮らせる住宅に直したい、地震が来ると怖いので耐震補強したい、雨漏りを直したい、冬が寒いので何とかしたい・・・・などなど住宅をリフォームするご希望はさまざまです。

 

お住まいの住宅を耐震性や断熱性を高め、暮らしやすく健康的で、お住まいの住宅の良さを生かして飽きのこないデザインに住宅リフォームすれば、新築以上の住宅に蘇ります。

地震大国の日本では、過去の歴史の中で度々大地震に見舞われ、多くの犠牲者を出してきました。
その度に国は新たな耐震基準を設け、建物の耐震性の強化をしてきました。

耐震基準に関しては1981年(昭和56年)に建築基準法が大幅な改正が行われ、それ以前を旧耐震基準、それ以降を新耐震基準と呼び、国交省では旧耐震にて作られた建物に関して新耐震の尺度によって耐震診断を受けて安全性を確認することを求めています。

 

1981年(昭和56年)以前に建てられた木造住宅は、予想されている東南海地震が来たら倒壊の危険性があるので、木造住宅耐震診断員の資格のある専門家による耐震診断を行い、倒壊の可能性があると評価された場合、耐震補強計画を行い、耐震リフォームが望まれます。


平成7年(1995年)震度6(洲本と一部神戸では震度7)の阪神淡路大震災では、昭和56年(1981年)以前に建てられた建築物の6割以上は、大破以上、中小破になりました。

出典:信州大学振動調査グループ報告より

平成26年(2014年)震度6弱の長野県北西の地震でも、倒壊や大破に被災した建物の多くは、昭和56年(1981年)以前に建てられた木造住宅でした。


地震震度と構造評点により想定される被災状況ー構造評点についてはこのページ下をご覧ください

木造住宅の地震の被害の様子  出典:名古屋工業大大学 井戸田研究室

木造住宅の耐震リフォーム おすすめのパンフレットー井戸田研究室 監修・制作

地震で震度6が予想される地域で、昭和56年(1981年)以前に建てられたの木造住宅は、耐震診断を受け構造評点が1.0以下の場合は耐震補強をおすすめします。

 

まずは、構造評点1.0以上をめざして配信補強を検討しますー震度6強の1回目の地震で命は守られるレベル

補助金を受ける耐震補強は1.0~1.1になります。

 

自己負担で耐震補強する場合は、構造評点1.5程度をすすめています。

また、繰り返し起こる強い地震では、揺れを少なくできる制震装置の設置も検討しましょう。

 

詳しくは熊本の地震のページをご覧ください

岡山県の地震被害

岡山県内で発生した規模の大きい地震は、鳥取県との県境付近での 1711年の地震(M6 1/4)の他にはほとんど知られていません。この地震では、現在の鳥取県で死者4人の被害が生じ、岡山県内でも家屋の全潰118棟などの被害がありました。
 岡山県北東部(大原町付近)には、兵庫県から山崎断層帯が延びてきています。この断層帯のうち兵庫県内にある山崎断層帯の主部北西部区間では、868年に播磨の地震(M7.1)が発生し、岡山県にも大きな被害が生じました。
 1927年の北丹後地震(M7.3)や1943年の鳥取地震(M7.2)などのように周辺地域で発生した地震によっても被害を受けたことがあります。また、遠く宮崎県西部における深い場所で発生した地震(1909年、M7.6、深さは約150kmと推定)でも、県内で全壊家屋が出るなどの被害が生じました。
 岡山県では、南海トラフ沿いで発生した巨大地震のなかで、四国沖から紀伊半島沖が震源域となる地震で、強い揺れによる大きな被害を受けたことがあります。例えば、1946年の南海地震(M8.0)では、児島湾北岸や高梁川下流域などの県南部で被害が大きく、死者51名や家屋全壊などの被害が生じました。また、この地震に伴う津波が観測されましたが、被害はほとんどありませんでした。1854年の安政南海地震(M8.4)では、より大きな津波によって被害が出たと考えられています。
 岡山県の主要な活断層には、県東部から兵庫県南東部まで延びる山崎断層帯があります。また、岡山県周辺に震源域のある海溝型地震はありませんが、前述のように、南海トラフで発生する地震で被害を受ける可能性もあります。
 県南部瀬戸内海沿いの8市町は、東南海・南海地震で著しい地震災害が生じるおそれがあり、「東南海・南海地震防災対策推進地域」に指定されています。


地震調査研究推進本部のホームページより

岡山県での南海地震の予想


岡山市は震度6強を予想されている

地震防災MAPー岡山市より
地震防災MAPー岡山市より
液状化MAPー岡山市より
液状化MAPー岡山市より

耐震診断(現況診断)と耐震補強

1981年(昭和56年)以前に建てられた木造住宅は、予想されている東南海地震が来たら倒壊の危険性があるので、木造住宅耐震診断員の資格のある専門家による耐震診断を行い、倒壊の可能性があると評価された場合、耐震補強計画を行い、耐震リフォームが望まれます。

 

1981年 昭和56年5月31日以前に建てられた住宅には、耐震診断、補強計画、耐震改修を行う場合各市町村で補助制度があります。年度の予算限度により制限件数があるので、各市町村 建設課・住宅課にお問い合わせください。

 

岡山市の平成28年の例

1.  耐震診断(現況診断) 6万円補助(自己負担1万円) 募集150件 延床200㎡以下

2.  補強計画         6万円補助(自己負担1万円) 募集75件

3.  耐震改修        最大40万円補助(耐震改修費用の1/2) 募集45件

                 他、部分耐震改修、耐震シェルター設置、耐震ベッド設置補助あり

 

1981年 以後に建てられた木造住宅は補助制度はありませんが、耐震性能が不足している住宅は多くあります。耐震診断専門家に相談されることをお勧めします。

 

既存の建物の改修利用できる岡山市の耐震診断補助制度

この制度は、地震に強い安全なまちづくりを目指すために、古い基準で建てられた戸建て住宅(木造3階建て、鉄骨造、鉄筋コンクリート造のもの)や事務所・店舗・マンションなどの「耐震診断」に要する経費の一部を岡山市が補助するもので、市民の皆様の地震対策を支援し、また耐震対策の必要性を普及及び啓発する制度です。

岡山市の耐震補助制度は詳しくはこちらをご覧ください

 

岡山県内の耐震補助制度と耐震リフォームについてはこちらをご覧ください

 

誰でもできる我が家の耐震診断ー簡単にお住まいの住宅の耐震性をチェックできます

不安を感じたら「木造住宅の耐震診断員」の建築士にご相談をおすすめします。


昭和56年以前に建てた建物とその住宅を耐震補強した建物を揺らした実験

防災科研では、文部科学省『大都市大震災軽減化特別プロジェクト』の一環として、建築­基準法が大幅に改正された1981年以前に建てられた、実物の建売住宅の実験を行いました。

1981年以前に建てられた住宅と、その住宅を耐震補強した住宅を、同じ実験台で阪神大震災の地震強度で揺らしています。

 

実験結果はYou Tubeのこちらでご覧になれます。


補強していない住宅は、地震が来ると逃げる時間もなく倒壊してしまいます。耐震基準に従って補強した住宅は、倒壊を免れました。地震後点検をして再補強や改修工事をすれば住み続けられます。




耐震診断と流れ


耐震診断は、(財)日本建築防災協会編 「木造住宅の耐震診断と補強方法」と「岡山県木造住宅耐震診断マニュアル」により行います。

 


予備調査

住宅を建てた時の建築図面や確認申請書をご用意ください。資料がある方が耐震診断がより正確に判定できます。増改築した図面、工事の見積書、基礎や梁の図面、住宅金融公庫の使用などあればご用意ください。

現地調査

現地に伺い住宅の現況を調査します。始めに、耐震診断のあらまし、診断の流れ、補強計画、補強工事につて説明します。また現況診断での判定の評価について説明します。

増改築した箇所、不具合の箇所、白蟻被害、雨漏りについてお聞きします。

 

調査は簡単な調査器と眼視によります。調査時間は3~4時間程度(約半日)

 

 

敷地状況調査ー地盤の様子、沈下の有無、塀の沈下やクラック

液状化の可能性についてはネットから調査・確認

外観調査

屋根の様子ー材質、ワレ破損・ズレ、特殊荷重の有無

軒樋の様子ー劣化・ズレ・ワレ

外壁の様子ー材質、クラックの有無と巾、劣化具合、木部の腐食、蟻害、窓

基礎ー基礎形状・仕様、クラックの有無と巾、鉄筋の有無

写真撮影


基礎の鉄筋や壁の中の木材を調べるセンサー
基礎の鉄筋や壁の中の木材を調べるセンサー
基礎の中に鉄筋があるか調査
基礎の中に鉄筋があるか調査

現地での間取りの写し取り
現地での間取りの写し取り

間取りを写し取り、調査項目を確認します。

・床下の状況ー床下を覗き腐食の有無調査

・天井裏の状況ー筋交いの有無、土壁の高さ、

 柱と梁の接合金物の有無、火打梁の有無

・開口部のサイズ、種類、垂壁

・基本グリッドと寸法

・筋交いの有無

・床の種類と傾斜

・壁の種類と厚さ、クラックの有無

・柱の傾き

・劣化状況

・写真撮影

・その他

 


床下の調査
床下の調査
天井裏の調査
天井裏の調査
壁の中の筋交いの確認
壁の中の筋交いの確認

仕上げ材の種類と厚さ確認
仕上げ材の種類と厚さ確認
床の傾き調査
床の傾き調査
タイルのクラック
タイルのクラック

柱の傾き調査
柱の傾き調査
上下1.5Mで15mmの傾き
上下1.5Mで15mmの傾き

現地調査の後、調査内容を図面にします。

岡山県建築士事務所協会作成の耐震診断ソフト(岡山県指定)にて、壁の強さなどを入力し一般診断法報告書(約20ページ)を作成し、総合評価を出します。

・地盤についての評価

・地形についての評価

・基礎についての評価

・上部構造の総合評点

 


 

・上部構造の総合評点ー数字が1.0以下なら倒壊の可能性があります

1階の横・縦方向(XY方向)、2階の横・縦方向(XY方向)ごと建物のどこが弱いか評点にて分かります。

 

建物全体で耐震性は弱く、特に1階は大地震では倒壊する可能性があります。

総合評点は一番小さい数字が評点になります。

1981年(平成56年)以前の建物では、評点1.0以上になることはまずありません。

多くの建物は評点0.5~0.7ぐらいで評価出ます。

耐震診断(現況診断)にかかる当事務所の費用  7万円(税別)

原則:延床面積 200㎡以下 200㎡以上の場合割増費用発生します

 

補強計画と流れ

耐震診断(現況診断)の結果、構造評点が1.0未満の場合、住宅の弱い部分を補強して、評点が1.0以上になるように補強計画を立案します。

 

まず、耐震診断(現況診断)の結果をご説明し、リフォームや増改修のご希望を伺います。

リフォームや増改修希望箇所を考慮して耐震補強箇所や補強方法や工事費を検討し、補強計画をします。

 

耐震工事の費用は、一般的に100~150万円ぐらいが多いです。

 

「木造住宅の耐震改修費用」が分かりやすいパンフレット (財)日本建築防災センター監修

 

リフォームで考える補強事例 1ー京都府

リフォームで考える補強事例 2 ー京都府

耐震補強方法の資料

 

 


 

補強計画報告書ができると、補強の方法、想定される耐震補強工事費を説明します。

補強を行うことにより、上部構造の総合評価は1.0以上になり、大地震での倒壊は避けることができます。

 

補強計画にかかる当事務所の費用  7万円(税別)

原則:延床面積 200㎡以下 200㎡以上の場合割増費用がかかります。

 

耐震診断のみ または 耐震診断と補強計画 までの依頼も受けております。

 

耐震補強の設計と工事見積

補強計画報告書にもとずき、耐震補強工事の設計図面を作成します。また、住宅のリフォームや増改築のご希望がある場合、あわせて設計図面を作成します。

・ できるだけ内装に影響の出ない、押入・物入・納戸などの箇所を耐震補強します。

 

設計図面ができると、耐震補強工事と住宅のリフォーム工事に実績のある建設会社から工事見積を取ります。

 

各社の見積内容・金額をチェックして、工事を依頼する建設会社を決め、工事契約をします。

 

設計・監理にかかる当事務所の費用  おおむね工事費の12%(税別)ー耐震補強の工事

リフォーム工事の設計・監理代と同じです

 

当然ですが、耐震補強する壁の柱・梁桁・基礎に取付ける金物の選定が重要です。

補強計画の壁補強の種類から、対応できる強度の金物を選定します。

工事着手と監理

金物の選定

補強ヶ所の確認

金物を正しく取付ける


建設会社と工事契約後、耐震改修工事・増改築・リフォームに着手します。

 

工事中は当事務所が工事の検査、工事費の調整・確認を行います。

 

 

完成

暮らしやすい間取りやデザイン、仕上げのリフレッシュ、設備の更新、断熱性能の向上、バリアフリー化などのリフォームとともに、震度6強が予想される東南海地震でも倒壊しない、耐震工事した住宅が完成。

耐震診断・耐震補強などの便利ページ

おかやまの木造住宅の耐震化のすすめー岡山県発行パンフレット 平成25年版
20140118125612.pdf
PDFファイル 719.3 KB

 

岡山・倉敷を中心に住宅のリフォームの設計・監理に関する相談は    

住まいの設計が得意な建築家 (有)宇川建築計画事務所

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

(有)宇川建築計画事務所  〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24メールアドレス